×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

--管理人のナム茶です。このページは「過去ログ」です。右リンクからどうぞ。ベトナム株--


オフショア銀行口座開設
資産が熟成する
贅沢な寄り道
Information

ベトナム株に注目が集まっています。

急成長する新興国ベトナム株への投資により
先駆者の利益を受けてみませんか?

【大アジアの時代】 【開かれたベトナム株式】

無尽蔵の若い労働力に期待進出している企業多数!

ベトナム株口座開設完了、
ベトナビで資産を増やそう。


【入門】海外投資家のベストセラーリスト
投資は知恵、体力、そして忍耐力の勝負




ベトナム株初心者歓迎! DVD 夢見る魅惑の国 ベトナム株投資セミナー100分 資料付き2,100円 (税込)

2007年12月30日
自分の夢を忘れるな!

暫く更新していない間に、もう年の暮れ。

とりあえず、ベトナム株から。     
今年最後の取り引き後、        
ベトナム株インデックスは927.02で終了。
1000ポイントには遠く及びませんでした。
年間通して上昇下落のチャートが続き、 
銘柄の調査と全体の動きに敏感にならな 
ければ、来年は厳しいと感じています。 


目標を明確にして、紙に書き止め、常に持
ち歩き、眺める、すると目標が達成できる
夢が叶う、という話を聞いたことがあると
思います。昔から実践されているこの習慣
を、行ってみたいと思います。     

暫く時間をかけて、宝地図を作成中です。
完成は2日後の2008年1月1日。      

用意するもの             
・コルクボード、出来ればA1サイズ90x60
・目立つところへ最高の笑顔の写真   
・家族や友人など、自分の理解者の写真 
・夢実現のイメージ、将来望む環境写真 
・夢達成の条件と期限     手書き 
・自分を勇気付ける言葉   みつを可 
・夢が叶ったことへの感謝の言葉(最下部
・夢を目指す他の人の写真など     

社会起業家の坂本龍馬山口絵理子さんの
写真をペタペタ。           


今年は、ナム茶なりに多くの本を読み、
頑張ったつもりです。でもまだ全然ダメ
来年はもっと強い信念で、追い込む!!

よいお年を、チャオ!

2007年12月15日
サラリーマン川柳

今週のベトナム株は、下落調整。とほほ。

VN INDEX  922.09 
前日比 -8.27 /-0.89%

900ポイントを割りそうな可能性も。


ベトコムバンク、株式競売実施日は12月26日

ベトコムバンクの件に注目が集まっています。

・発行株式数:9,750万株   
・最低公募価格:10万ドン/株

資金調達は最低700億円ほど、ホーチミン証券取引
所の1日の売買高の10日分を超えそう。

資金の移動なのか、上場銘柄が下げています。

2006年初頭、ビナミルクが上場した際、上場時価総額の
半分はビナミルクという、ありえない構図がありました。

今回のベトコムバンクは未上場、
ビナミルク時を上回る「ねじれ現象」を演じそう。


06年7月、銀行銘柄初の上場となったサコムバンク。
その人気の影で同時期にこっそり上場したスジコ
(不動産)は半年で10倍以上に株価が上昇しました。

人気銘柄の影に、チャンス有りかもしれません。

サラリーマン川柳に投稿しました。
(※すでに締め切られています)
昨年の第3位までの作品はこちらです。

・脳年齢 年金すでに もらえます

・このオレに あたたかいのは 便座だけ

・犬はいい 崖っぷちでも 助けられ


ナム茶も職場のブームに乗り、思案。

・転職し 今も山積み 起業本

これ結構気に入ってます。
転職しても、今の仕事に不満を持ち
起業を夢見るサラリーマン姿。


・会議中 携帯メールに 起こされた

会議中に居眠りしても、誰も気にせず。
起こしてくれたのは、携帯メール。
目が覚めた、ではなく、起こされた
とすることで、もっと寝ていたい雰囲気。


年金問題

昨年の秋、プライベート金融ツアーを
行ったことを書きました。
銀行・不動産・税務署、そして社会保険庁。

当時は年金問題が表面化しておらず、
対応した人とあれこれ聞く時間もありました。

毎朝のように放送される年金問題。
これは世代間の戦いです。
20代30代はもっとマジになった方がいい。

未来のことは、未来に任せよう。

そのときになれば、名案が浮かぶかも
しれない、

実に無責任な議論の棚上げです。

少子高齢化や財政赤字が、「未来」という
確定できないものに、逃げようの無い
将来を約束します。

不安が強くなると、カリスマ的人気を
持つ人物が登場します。
ヒットラーが誕生したように、将来の
日本にそのような人物が登場しないよう
祈りたい。              

浅井隆氏の本が目に付いたので、
借りてきました。もう、何冊目でしょう。

毎回、日本の将来の危機を熱く語っています。
今回借りたのは、「2010年の衝撃」

迫り来る6つのリスク
・巨大地震      
・インフレ      
・国家破産      
・世界大恐慌     
・大規模な気候変動  
・食糧危機と大規模紛争

また増えましたね。おなかいっぱい。

Step1:今の会社の運命と自分の運命を
切り離せていないのに、Step2へは
進めません。これでも急いでいるのに。

最近ハマッているのはHEROES(ヒーローズ)

海外ドラマはあれこれ見てますが、
これもやっと面白くなってきた。

2007年12月08日
ベトナムの不動産投資 潜在力はどうなのよ?

日本がそうであったように、成長している国への
不動産投資は、そうとうな利益を生みます。

でもそんな分かりきったことを、今から手を出して
一体全体、ベトナムで利益は出るのだろうか。

という訳で、他のサイト様を参考に考えてみた。


まず、ベトナムでの不動産投資ツアーの記事。
ハノイツアーの模様

投資熱が伝わってきます。
お馴染みのFPT(IT王道銘柄)のビルとか。


未公開株ファンドのFM黒瀬氏から
「限界利益」の拡大初期に投資する

キーポイントは、ベトナムの不動産デベロッパー
特に「立地」と「素地の取得価格」が重要。
一等地&政府との強いコネがあれば鬼に金棒?


ベトナム株ノーロードファンドのFM戸松氏から
ベトナムも不動産より不動産株

マンションそのものより不動産銘柄への  
投資に期待を持っているようです。    
来年第1四半期(1月〜3月)上場予定のホアン
アインザーライ(HAGL)の名前が出ています。


SJS(ソンダ工業団地・都市投資開発)の時価総額。
上場時(06年7月6日)は、5000億VND(35億円ほど)。
 ※10万VND x 500万株

注目度も無く、話題になっていたのは
ダイナジーコさんの掲示板くらいだったと記憶。
それが今では、9兆9200億VND(684億円ほど)。

第2のSJSってどこかあるのだろうか?


SC5(第5建設)やTCM(タインコン縫製)
などはちょっと興味津々。      

SC5のサイゴンパール



素敵です。



TCMの方は、保有する資産土地が多く、投資案件
も豊富。ただの縫製紡績業ではないっぽい。

どちらも時価総額が小さく、伸びしろ有りそう?


さらにさらに、ベトナム上場の中で
最大時価総額の不動産銘柄
になる予定のHAGL。      

先回りもいいかもしれません。      
上場株の売却で利益が伸びる銘柄狙い。  
金融業の黄金時期

SSIPANなどの名前が出ています。
営業利益<経常利益かどうか、チェック。


お金はいろんな形で、「別のお金」
に繋がっています。       
色んなアプローチでベトナム不動産
の恩恵を受けてみる予定。    

2007年12月7日
結局、点滅せず



VN INDEX  974.63 
前日比 +0.17 /+0.02% 

今秋のベトナム株は月曜火曜上昇後、
水曜から下げて、結局終値は先週末と
同程度という結果になりました。残念

先週・今週とも月曜上昇している為、
来週の月曜の取引に注目したいです。

今週は火曜・水曜・木曜に注文約定♪
担当者から残高不足と連絡があったの
ですが、誤解が解けてほっと一安心。

PAN(太平洋横断)の買い増しと、CDC
(チュオンズオン投資建設)の新規購入済み。

S99の有償による新株が持ち株に反映されました。
購入は1万VND、現在の株価は39.1万VND、
買値の39倍、さてどうしよう。


★現在の外国人投資家の数

2007年12月3日までに、証券保管センターは     
8,638の外国人投資家に対し、取引コードを発行した。
その内、法人投資家が516社で、個人投資家が8,167人。

外国人投資家の数が物凄い勢いで増えていますね〜。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
■オンラインセミナー                
 「戸松信博の2008年まだまだいける!?中国株」   

オリックス証券様主催の中国株オンラインセミナー   
が12月12日(水)に開催されます!        

申し込み

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

まだ間に合います。                 

2007年12月03日
コツンと、底に当たったか?

ホーチミン証券取引所 987.96 
前日比 +15.61 /+1.61%

4連続下落後の上昇、今日が1日目。

上昇が3日続き、1000ポイントを
回復すれば本物でしょう。

待ちきれないナム茶は、買い注文♪


ベトコムバンクのIPO日程が決定した模様。
ベトナム外商銀行(ベトコムバンク-VCB)からの情報によれば、
同行は12月26日にIPO(新規株式公開)を行い、IPO関連情報は
IPO実施日の20日前である、12月6日に発表されることになる、という。

同銀行のIPO後の資本金は15兆ドン(約104億1,700万円)、この
内政府の資本金は10兆9,780億ドン(約762億3,610万円)である。 

 今回のIPOで発行される株式は、資本金の6.5%(額面総額
9,750億ドン)、最低公募価格は10万ドンと見込まれている。
海外投資家の落札可能株式数は発行株式数の30%(資本金総額
の1.95%)にあたる2万9,250株とされる。 from ベトナム株情報


規模がとても大きいだけに、やっと落ち着ける??
ナム茶もファンド経由でいくつかの銀行へ投資中。

・アンビン銀行(未上場)       
・フンナム銀行(未上場)       
・アジアコマーシャル銀行(ハノイ上場)

ベトナムでは、外国人による銀行株の入手はとても困難。
しかし利益成長はとても魅力的。           

2007年12月1日
ハイハイ ナム茶ナム茶さんデス

第739281回               
Q(質問):歳をとることとは、何ですか?

A(答え):価値観が変わることです。  



もう師走ですね。
11月の頑張りが12月に実を結ぶことを願って。。。




ベトナム株調整中。
1週間以内に買い注文を入れる予定。

毎度年末は上昇するという期待感が強く
旧正月までのんびり待ちたい。
11月末のベトナム株インデックス972.35

上昇が始まると、なかなか約定しないので
動きが少ないうちにと考えています。


先日、所用でSSI(サイゴン証券)の担当者へ
メール連絡した際、用件とは別に以下の文章が。

I think it good time for you to buy more SSI or MPC.

SSI(サイゴン証券)とMPC(ミンフー水産)を
購入するよいタイミングとのこと。

ナム茶のSSIは僅か400株。
今年の8/27(15.8万VND)と9/5(16.4万VND)
現在のSSIは26.1万VND、ホーチミン証券取引所への
鞍替えにより、だいぶ上昇しました。

SSIの利益の伸びは凄まじく、過去のヤフーすら
超える伸び率があります。

売上げ&利益比較 yahoo(japan)/SSI(vietnam)

ヤフーはITバブルでPERが3000倍になった
頃があり、どんだけぇ〜って感じです。

以前、株価の面で、第2のヤフー株になりそうな
ベトナム株の話をしました。
(2007年1月23日の記事参照)


SSIは今後2:1の無償増資と20%の株式配当+αが
予定されています。追加も売却もせず保有継続。

もう一方のMPCもホーチミン鞍替え間近ですが、
株価織り込み済み。検討の価値はありません。


ベトナム株をしている人に影響のある
以下の税率の話題が出ています。

・証券投資から得られる収入に対する税率
・不動産譲渡による利益に対する課税  

証券市場や不動産市場の低迷が
再発しない様願うばかりです。

今年も残り1ヵ月、多読して過ごします。


歳をとり         
たとえ価値観が変わっても、
「自分に価値がある」って、
いつまでも信念を持ちたい。

これ唯一、変わらない価値観

2007年11月23日
チャート判断

米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長という方が
信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)の
焦げつきが金融機関などに1500億ドル(約16兆9000億円)の
損失をもたらす恐れがあるとの発言をして2週間、
為替が大きく動いています。



今現在、1ドル107円台です。
サポートラインまで下げています。
来年の春先まで円高が続くという意見もあります。

少し前の雑誌を読み返して見ると、
ZAi10月号の為替アナリスト3人の内、今秋の円高を
予想していたのは1名(大和総研の亀岡さん)。
他の2名は円安バブルが来年まで続くとし、不正解。

マイノリティ・リポートでしたか。

ベトナム株も調整中で、サインは消灯。
9月頭のような買いサインを待ちます。
銘柄の入れ替えを検討しています。
次はホーチミン銘柄中心になりそうです。

2007年11月18日
週末は地域イベントへ

どうも、ナム茶です。
先日、国際交流のイベントで頂いた記念品。
ベトナム切手記念品

ベトナム切手を使用したシオリを、
FP技能士の試験本へ挟んでお勉強。。。


別のイベントへ参加しました。
日本を代表するジャーナリストの方の講演会。
BPO(放送倫理検証委員会)に所属され、テレビ
によるウソを題材にトークショー。

あるある大辞典の「納豆ダイエット」
朝ズバによる「不二家不祥事」の誤解を招く報道

面白かったのは、27時間テレビでのやらせ番組。
霊能力者まで、やらせに参戦。太木さんじゃない別の方。

トークイベント中、
「あんな(霊能力者の)テレビばかり見てると
 バカになるよ」

とばっさり切り捨て、会場は拍手喝采。

バラエティー番組はデタラメとは思っていても、
ドキュメンタリーまでやらせでは、何も見れない。

関連記事                       
オーラの泉は嘘 BPO調査にテレビ朝日自ら認める 
霊能者の江原啓之が関与した番組に関して、放送倫理・番組向上機構(BPO)の
放送倫理検証委員会が調査を行っていることが、ネット上で大きな話題になっている。

問題になっているのは、週刊文春2007年11月8日号に掲載された、
「「善意のボランティア」をペテンにかけた江原啓之とフジテレビ」という記事。
この記事で扱っているのは、フジテレビが2007年7月に放映した「FNS27時間テレビ」の
「ハッピー筋斗雲」というコーナー。

美容院とリンゴ園を経営する傍ら被災地にボランティアでリンゴを送る活動を続けてきた
女性に、番組は「東京で講演会をしてほしい」と理由をつけて呼び出した。

女性は、これが番組の企画とは知らされていなく、本当に講演を行うつもりだったようだ。
彼女が講演の場に出ると江原が登場し、亡くなった彼女の父親の声を聞かせる、という
展開に。江原は女性の美容院の経営不振を挙げ、
「原因は彼女自身にある、父親もそう言っている」と述べた。
そして、
「美容院の経営をおろそかにしてボランティアに熱中している。自分が喜んでいるだけで、
美容院スタッフにも迷惑だ」という趣旨の発言が続く。

ところが、文春の記事によると、美容院が経営難というのは嘘だったという。
番組では、江原の言葉に涙する女性の姿が流れたが、これは講演会の場に出てきた時に、
これまで自分がリンゴを送った人々が客席に座っているのを見て感激しているシーン
だったとのこと。つまり、別のシーンをつなぎ合わせた「ヤラセ」だったというわけだ。
実際には、女性は江原を睨んで反論したそうだが、その場面は全てカットされてしまったという。

番組放映後、美容院は地元で経営難と囁かれ人間関係も崩壊、被災地の人々からも同情の
声が集まって困惑したそうだ。更に記事では、女性が誹謗中傷され落ち込んでいるから
励ますために来てほしいと講演会の観客に依頼していたこと、観客の半分以上がサクラ
だったこと、コーナーの冒頭に出てくる美容院スタッフからの番組への手紙もヤラセ
だったことなどが指摘されている。

上記記事が掲載されると、女性のリンゴ園のブログに江原ファンが殺到し、ブログは閉鎖に
追い込まれたという。一方、BPOがこの問題を取り上げ、2007年10月12日の放送倫理検証委員会
議事概要に関連する記述が見られる。

この話題が盛り上がる中、一つ忘れられている重要な事実がある。それは、BPOが江原の霊視を
問題にしたのは今回が初めてではないということだ。2006年5月26日に、第470回「放送番組
審議会報告」が行われ、そこで江原が出演するテレビ朝日系「オーラの泉」が取り上げられた。
審議会委員からは、肯定的な評価や、「さほど「目くじら」をたてるようなことはないのでは」、
「大げさに心配することはない」といった意見が出る一方、否定的な見解も見られる。

「ものが分かっている大人に問題はないが、何の抵抗もできない子供達への影響が怖い。
10年後、子供達はどうなっているのか、不安になる」、「「守護霊」や「前世」という言葉が
出てくると、公共性・公共の福祉の点から見て疑問を感じる」、「直面する社会問題を、
運命にすりかえてしまう20代〜30代の女性が増えていることが心配だ。きちんと社会と正面から
向き合い、乗り越えることの大切さをテレビで伝えて欲しい」、「ゲストとして出演した
タレントが、言われたことについて否定するのは難しい」

これらの意見に対して、テレビ朝日側のコメントが微妙だ。

「あくまでも「トーク・インタビュー番組」という柱を失わないように制作している」
「信じてしまう視聴者もいるということを念頭に置きながら、悪い影響が出ないよう配慮して制作している。
今後も常識の範囲を考えながら慎重な番組作りを続けていきたい」


投資の世界も同じで、「儲かります!」と言われたら
まず疑ってみましょう。
その信憑性は、自分で確認しなければ。
最後の判断は、自分なのだから自業自得です。
信じすぎると高い授業料を支払うかもしれません。


「ベトナム株は儲かります」(ナム茶)
最後は、これで。  おぃおぃ(笑)。

2007年11月14日
まだ安心するには早い?

ダウ急反発、320ドル高=今年2番目の上げ幅

13日の米株式相場、優良株で構成するダウ工業株30種平均は
今年2番目の上げ幅となる前日終値比319.54ドル高の1万3307.09ドル、

ハイテク株中心のナスダック総合指数は今年最大となる
89.52ポイント高の2673.65でそれぞれ終了。

米株価が切り返したことで、世界的な株安の流れに
ひとまず歯止めが掛かった形だ。との事。


トルコFXも大幅反転。ナイス高金利♪
陰陽のつつみ線が出てるので、一安心。

ベトナム株はどうよ?(ベトナム人次第??)

先週送金したお金がそろそろ届くと思います。

2007年11月12日
ドル安、急激進行中

今現在、1ドル109円台です。
チャンスと見るべきか、静観すべきか。
株式市場は、どこも暴落中。

◆7日間で56兆円吹き飛ぶ=東証1部の時価総額
 日経平均株価が7営業日続落した12日、東京証券
取引所第一部の時価総額は469兆6263億円となり、
この間に目減りした金額は56兆5894億円に達した。

<東証>3カ月ぶりに年初来安値更新 一時1万5千円割れ

米サブプライム住宅ローン問題が全世界に影響を与えています。

本日のベトナム株

VN INDEX  1006.12 (ホーチミン証券取引所)
前日比 -12.17 /-1.2%

HASTC INDEX  341.79 (ハノイ証券取引所)
前日比 -14.79 /-4.15%


【ベトナム株】     
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   133.2    122.7    119.9 -7.88%
PAN   183.0    186.6    182.6 +1.97%
S99   348.8    325.7    315.0 -6.62%
SD5   111.6    104.7    102.0 -6.18%

SSI  257.0    251.0    -2.33%
TSC  107.0    108.0    +0.93%

みなさん、生きてますか(@_@;) 

FXトルコリラ、いきま〜す

2007年11月6日
2007年度GDPは8.5%を達成する見込み

ベトナム株インデックス:1031.71
前日比:-15.44 /-1.47%

今日のベトナム株も下がっていますが、
後半挽回しています。明日は上昇期待。

今週、20ヶ月ぶりにベトナムへ送金します。
国内で遊んでいるお金があるので、
来年2月までは働いてもらいます。

【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   151.4    143.5    145.0 -5.22%
PAN   186.3    184.4    187.0 -1.02%
S99   349.5    358.7    360.0 +2.63%
SD5   121.3    118.0    120.0 -2.72%

SSI  266.0    261.0    -1.88%
TSC  116.0    113.0    -2.59%

2007年11月2日
越経済、今後5年間に爆発的な成長

インドチャイナ・キャピタルの最高経営責任者(CEO)
ピーター・ライダー氏はこのほど、ベトナム経済は今後

5年間に爆発的に成長し、多くの投資家が

ベトナムに投資を行うようになるとの見方を明らかにした。
[ベトナム株]越経済、今後5年間に爆発的な成長2007/11/02(金)


景気のいい話題が出ましたね。
沈まない船に乗って、航海へ出た気分。

5年後には、日本との運命とさらばです。


【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   156.9    163.9    160.0 +4.46%
PAN   201.9    196.9    198.0 -2.48%
S99   381.9    363.9    368.0 -4.71%
SD5   124.8    127.4    127.5 +2.08%

SSI  278.0    271.0    -2.52%
TSC  106.0    111.0    +4.72%

持ち株は強弱あり。

11/5(月)ベトロベトナム化学肥料社が上場。

DPM:ホーチミン証取への上場日は11月5日   
・上場株式数:3億8,000万株          
・額面総額:3兆8,000億ドン(約273億3,800万円)
・上場予定日:2007年11月5日          
・取引基準株価:10万ドン/株         
     (10万ドンから、+/-20%の範囲)   

初日のスタートは10万ドンからです。
ハノイのPAN(太平洋横断)はDPMの株を400万株
持っているとの情報がベトナム株情報サイトに
載っていましたので、単純計算で

10万ドンx400万株=4000億ドン、

今年のPANの利益予想の、なんと10倍!
土地を保有していたり資産運用している
銘柄は、面白い投資先かも。 

2007年11月1日
火事場の馬鹿力

ベトナム株はやや調整中。しかしチャンスは有る。

VN INDEX  1075.92 
前日比 +10.83 /+1.02%


ハノイは再度400ポイントへチャレンジ。

HASTC INDEX  393.59 
前日比 +14.38 /+3.79%


【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   145.0    156.9    159.5 +8.21%
PAN   185.9    201.9    204.0 +8.61%
S99   355.5    381.9    390.0 +7.43%
SD5   115.1    124.8    126.6 +8.43%

SSI  265.0    278.0    +4.91%
TSC  101.0    106.0    +4.95%

踊るアホで結構です。

2007年10月28日

辿り着きたい所があるのなら、まずは
“今いる場所”を去らなければならない。

週末、国際交流のイベントへ参加しました。
各国の外国人の方へ声をかけると、スタンプが
もらえ、集めることで記念品が貰えました。

ナム茶は、ベトナム切手をラミネートして作られた
しおりをGet!これから読む本へはさんで使用します。

FP技能士の試験を受けてみようかと思い、
3級受験者用の本を購入しました。
試験はちょうど3ヶ月後、暇無しです。


夢設計図を作成しました。

夢設計図とは、インターネット企業GMOの
社長 熊谷氏が出された、熱いメッセージが
込められた本に使われた言葉です。
必読:熊谷代表メッセージ


熊谷氏の出された本には、どれも
多数のカスタマーレビューが付いています。
他人の評価を読んでから、購入判断されてもいいかも。

好きだけではない仕事の選び方や、著者独自の
人脈術、時間管理の秘訣や、成功するために
必要な心構えなど、絶対にかなえたい、という
「夢」を持つ人に、ぜひ読んで頂きたい一冊です。 



ナム茶の夢


ナム茶には、言葉の定義があります。

<<目標>>
 計画を立てれば、望みどおり叶うもの。

<<夢>>
 叶うかどうか、分からないけれど、
 叶うまで追い続けられるもの。

ナム茶の尊敬する先輩からは、
「若い頃はなかなか夢が出てこないけど、
 今なら200個くらいすぐ出てくるよ」と。

ナム茶も夢を書き出しました。
頑張って30個ほどは書き出しましたが、
とても時間がかかりました。

健康

教養・知識

心・精神

社会・仕事

プライベート・家庭

経済・もの・お金


それぞれの項目に沿って、今の自分に無いものを、
書き出したつもりですが、追加必至(汗)。


でも、

大人になってからの勉強は愉しい♪


20代で始める「夢設計図」
-必ず“スピード成功”する5つの原則 (単行本)



先週金曜のベトナム株。。。

【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   118.5    130.3    130.3 +9.96%
PAN   210.0    198.3    199.9 -5.57%
S99   386.6    362.0    384.0 -6.36%
SD5   145.8    145.0    144.0 -0.55%

TSC    95.0     99.5   +4,500 +4.74%

SSI 260.1 (10月12日終値)
    →SSI鞍替え上場10/29

明日は、SSIの鞍替え上場。 楽しみです。

2007年10月24日
FPフォーラム開催
http://fpday.jp/top.html

お金の知恵を学ぶ 暮らしのヒントを学ぶ
 〜ファイナンシャル・プランナー(FP)とご一緒に〜 

ナム茶も申し込もうかな。。


【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   116.2    108.0    112.5 -7.06%
PAN   208.3    220.3    215.0 +5.76%
S99   376.3    382.8    390.0 +1.73%
SD5   125.2    133.3    137.7 +6.47%

SSI 260.1 (10月12日終値)
    →SSI鞍替え上場10/29 

2007年10月23日
ベトナム株そろそろ天井?
【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   117.7    116.2    115.5 -1.27%
PAN   194.7    208.3    214.1 +6.99%
S99   374.6    376.3    376.0 +0.45%
SD5   116.6    125.2    128.0 +7.38%

SSI 260.1 (10月12日終値)
    →SSI鞍替え上場10/29

外国人投資家には殆ど無名のPANですが、
今日の出来高は653,000株となり、ハノイ
証券取引所で最も多い出来高となりました。
ついに天井か?

しかし1日で超長い下ひげ発生。も少しイク?
memo:始値214,100、安値191,100、終値214,100


◎ホアンアインザーライ、2008年第1四半期に上場予定

 2007年度の利益は予想6,000億ドン、
 現在の資本金は   1兆375億ドン、
 現在の株価は    12万5000ドン、
 これらの数字から    PER 21倍、

 来年上場時には、価値が2倍超え?
 戸松さんも注目のこの銘柄、
 先回り方法はハノイのアレ!?
第37回ホアンアインザライ(HAGL)


◎ペトロベトナム化学肥料、ホーチミン証取への上場が原則承認

◎サイゴン証券のホーチミン証券取引所への鞍替えが投資業界のホットな話題


やっぱこれだね〜♪ 

2007年10月22日
ベトナム株パン祭り開催中

◆ホーチミン証券取引所
VN INDEX  1085.74
前日比 -11.33 /-1.03%

◆ハノイ証券取引所
HASTC INDEX  374.28
前日比 -2.55 /-0.68%

両市場とも下落しました。


【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値    
ILC   108.8    117.7    118.5 +8.18%
PAN   177.0    194.7    194.7   +10%
S99   356.9    374.6    382.0 +4.96%
SD5   110.5    116.6    119.5 +5.52%

SSI 260.1 (10月12日終値)
    →SSI鞍替え上場10/29


ベトナム株サイトさんの表示上、

前日平均 vs 本日平均によって

上昇(下落)率が算出されているようです。


今夜も決算集計して、次に備えます。

2007年10月20日
SSI:サイゴン証券が今月29日に
ホーチミン証券取引所へ鞍替え上場します。


29日の予想取引株価が出ました!

SSI予想取引株価:25万ドン/株
(25万ドンから、+/-20%の範囲) 

もし+20%だと、、、、、、、
、、、30万vndとなります(涙)

ナム茶の購入価格は、
8月27日に158,000vnd
9月 5日に164,000vnd

保有株数は僅かですが、期待しています。


今週もハノイ銘柄のPAN(太平洋横断)が
好調に上昇。買値3倍に王手です。

8月29日と9月5日に62000〜64000vnd
今週も2度追加購入(*д*)


S99、ILC、SD5は有償増資等の権利が
欲しくて購入しており、親株は全て
売却しました。新株反映が待ち遠しい。

2007年10月19日
【ベトナム株】
銘柄   前日    平均    終値
ILC   105.4    108.8    115.0
PAN   163.8    177.0    180.1
S99   357.9    356.9    380.0
SD5   104.9    110.5    115.0

SSI 264.8 (10月12日終値)
    →SSI鞍替え上場10/29

表示を変更しました(本日の平均値追加)。
“前日vs本日終値”が上昇(下落)率となります。

昨日大きく下げた分、今日は大幅に上昇で終了しました。



ペトロベトナム化学肥料に注目

ペトロベトナム化学肥料がホーチミン証券取引所へ上場申請書類を
提出したという情報が公開された直後から、この銘柄を探す熱狂が
以前の2〜3倍程の規模にまでなっている。

2ヶ月前には株価が6万〜7万ドンレベルを巡り変動していたこの銘柄も、
上場初日の予想取引価格が10 万ドン/株、値幅が20%という情報が
ある経済新聞に掲載されてから、株価が10万ドンまで引き上げられた。

上場数日後には株価も15万ドンまで上昇すると皆思っているので売却
したくない、という意見が多いという。


ナム茶、このペトロなんとかに注目しています。
注目している理由は、書けません。

2007年10月18日
ベトナム株にも調整の波がやってきました。

【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC 113.4  105.4   -7.05%
PAN 171.3  163.8   -4.38%
S99 397.2  357.9   -9.89%
SD5 116.5  104.9   -9.96%

SSI 264.8 (10月12日終値)
 →SSI鞍替え上場10/29待ち

保有銘柄は全て下がりました。
上昇が激しかっただけに、下落も早い。
ILC、PANは今日の底値から少し上昇して終了。


今日は1銘柄ずつ売買しました。
PANは買い増し。

第3四半期の情報が出始めました。

ホーチミン・ハノイとも銘柄データを集計、
第3四半期の結果から入れ替えが発生する
可能性もあります。


業績はもちろんですが、年末年始にかけて
インデックスより上昇するには、テーマが
必要です。先取りしたいと思ってます。。。

今の上昇は、来年2月後半まで期待しています。
それ以降は、銘柄の整理整頓かなっと。

2007年10月16日
ナム茶選別のハノイ株、今日も好調維持。

【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  94.6  104.0   +9.41%
PAN 141.9  156.0    +9.8%
S99 380.3  418.3   +9.83%
SD5 102.8  113.0   +9.92%

SSI 264.8 (10月12日終値)
 →SSI鞍替え上場10/29待ち

ハノイ銘柄暴騰中です。
ハノイ証券取引所の上場銘柄は8割が
前日比+8%と、頑張っています。


さてここで、外国人が注目する
ホーチミン銘柄をリストアップしてみます。

外国人保有率は49%までの上限があり、
すでに49%となっている人気銘柄が
ホーチミン証券取引所にいくつかあります。

◆ホーチミン証券取引所49%

銘柄  前日比 外国人保有率
ABT   -0.96%   49.00%
AGF       0%   49.00%
BMP   -0.53%   49.00%
BT6       0%   49.00%
CII   -2.04%   49.00%
DMC   +1.94%   48.41%
GMD       0%   49.00%
IFS   +0.65%   49.00%
MCV   +1.24%   49.00%
REE       0%   48.98%
RIC   -0.82%   48.85%
TDH    +1.5%   49.00%
TMS   +3.85%   49.00%
TYA   -2.38%   48.93%
【情報源】ベトナム株情報サイトから


上限いっぱいの銘柄がこんなにあることに
ビックリしました。ナム茶も以前保有していた
銘柄がたくさん含まれます。

しかし、これらの銘柄は、最近パフォーマンスが
低いのが現状です。

・外国人が買えない→ベトナム人も買わない。
・人気が高い→PERも高い→割高感が強い。

外国人上限リミッターが外れない限り、
人気=パフォーマンスとはならないようですね。 


ただ、ハノイの人気も、いつまで続くか、、、

2007年10月15日
今日のベトナム株。

まずは、ホーチミン証券取引所。
1105.21   前日比 +0.60 /+0.05% 

次に、ハノイ証券取引所。
370.85  前日比 +8.58 /+2.37% 

下げすぎていたハノイの方が、
上昇率が高い日が続きます。


SSIがタイムトンネルを通過中。

10/29の上場初日の参考株価は
ハノイ証取での最後の5営業日の
平均株価とされるそうです。



【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  86.3   94.6   +9.62%
PAN 129.0  141.9     +10%
S99 354.3  380.3   +7.34%
SD5  94.0  102.8   +9.36%

SSI 264.8 (10月12日終値)
    →SSI鞍替え上場10/29 

ナム茶の持ち銘柄は、以前から
上記のようにハノイばかり。
今月も調子がいいです。

2007年10月14日
まず、先週金曜分から。

【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  85.6   86.3   +0.82%
PAN 121.1  129.0   +6.52%
S99 322.4  354.3   +9.89%
SD5  89.1   94.0    +5.5%
SSI 251.7  260.1   +3.34%

気分良く、上昇して終了。
運用額が、今年3月時を上回って
自己最高まで復活(^^)v

ここからは、慎重&集中投資かな。。

あと2週間もすると、ベトナム株銘柄の
第3四半期の決算発表が続きます。

数字が出る前に、基礎情報を整理!!
一般的に、好業績が期待できます。

その中でも注目が集まる銘柄選別が
必要となってきますね。


資産運用が順調に進んでいる企業は大きな
成功を獲得し、これらの企業の株価は市場の
インデックスより大きく上昇するでしょう。

保有銘柄の中では、SSI(サイゴン証券)や
PAN(太平洋横断)などが活発な資産運用を
しているようです。


次に買う銘柄は既に決まっています。

2007年10月11日
ナム茶の好きな季節、やっと秋らしくなりました。

【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  84.5   85.6    +1.3%
PAN 110.6  121.1   +9.49%
S99 297.6  322.4   +8.33%
SD5  84.3   89.1   +5.69%
SSI 251.0  251.7   +0.28%

今日は、全てプラスでした。

S99は、権利取り後の最高値を更新。
ILC・SD5も権利後、大幅上昇中。

SSIは、ハノイ証券市場での取引は明日まで。

PAN、こちらも鞍替え楽しみです。
9/6に書いた際は63200ドンでしたが、
今日の終値は121100ドンと約2倍、ナイス

2007年10月10日
【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  84.9   84.5   -0.47%
PAN 111.3  110.6   -0.63%
S99 285.0  297.6   +4.42%
SD5  86.4   84.3   -2.43%
SSI 244.1  251.0   +2.83%

ベトナム株サイト情報によると、以下の様に書かれていました。

◆ハノイ証券取引所は、サイゴン証券[銘柄コード:SSI]の
取引最終日が10月12日となると発表した。

*当初は10月12日以降取引を中止すると発表しましたが、
現在では最終日が10月12日となるという表現に変更されております。

===========だそうです。 

2007年10月9日
ベトナム株は下げました。

【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  91.0   84.9    -6.7%
PAN 120.8  111.3   -7.86%
S99 269.4  285.0   +5.79%
SD5  90.1   86.4   -4.11%
SSI 243.2  244.1   +0.37%

今日は大きく下げました。残念。

もっと残念なのは、FXで誤発注したこと。

一桁間違ったせいで、

息が止まりそう、でした(汗)。 

まだ誤発注の半分をHOLDしており、
良い方向へチャートが動くことを
神へ祈っています。

どんなヘマをやったかは、
年末に書きたいと思います。

ひょっとすると、

結果オーライかもしれませんし。

2007年10月8日
今日のベトナム株
まずホーチミンから

VN INDEX  1084.87
前日比 +3.24 /+0.3%

ほぼ、先週末と変わらずで終了。

次にハノイ。
HASTC INDEX  343.67
前日比 -1.44 /-0.42%

やや下げましたが、こちらもほぼ変わらず。

ナム茶的ベトナム株

【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  90.8   91.0   +0.22%
PAN 118.7  120.8   +1.77%
S99 251.1  269.4   +7.29%
SD5  82.9   90.1   +8.69%
SSI 256.5  243.2   -5.19%

ハノイ証券取引所からホーチミン証券取引所へ
鞍替えするSSI(サイゴン証券)が下げました。
鞍替え前に手放したい人は、今日明日で売って
きそうです。

ブルーチップコンサルティングさんでも
ベトナム株情報がたくさん出ています。
http://www.bcc-jp.com/member/

トルコ円、先週末より上昇中。ナム茶、強気です。

2007年10月5日
最近は、投資が好調なのでサイト更新も
サクサクと慣れたものです。


ホーチミンは1081.63と、少し下げました。
ハノイも345.11、僅かに下げています。

【ベトナム株】
銘柄 前日  本日  前日比
ILC  83.1   90.8   +9.27%
PAN 125.1  118.7   -5.12%
S99 240.7  251.1   +4.32%
SD5  75.4   82.9   +9.95%
SSI 252.0  256.5   +1.79%

週末、日本円へ換算してみます。。

FXのトルコ円、急騰してきました。
現在1トルコリラ98円突破。

2002年以来の100円突破が出来るかどうか。

2000年以降のトルコ円推移を見ました。

おやっと、気づくことが、、、

2007年10月4日
夏から上昇していたベトナム株価も
そろそろ調整かなと思っています。

ナム茶株は好調維持です。
反動が怖い(^。^)y-.。o○

銘柄 前日  本日  前日比
ILC  75.8   83.1   +9.63%
PAN 114.6  125.1   +9.16%
S99 249.1  240.7   -3.37%
SD5  68.6   75.4   +9.91%
SSI 230.5  252.0   +9.33%

*SSI(サイゴン証券)に関して

10月12日からハノイ証券取引所での上場を停止し、
10月29日からホーチミン証券取引所へ正式に上場
のようです。


最近の出来高の上昇もあるので、証券銘柄は
暴騰中ですが、更に鞍替えが加わりますので
更なる株価が目指せそうです。


SSIの上半期業績は、前年同期比で
売上げ    608.72%増
税引後利益  713.23%増

ってやばい。


今日のベトナム株

■VN INDEX  1087.76
前日比 -18.84 /-1.7%

ホーチミンは1100ポイントに耐えられませんでした。
再挑戦してもらいたいものです。

■HASTC INDEX  349.48
前日比 +3.94 /+1.14%

ハノイは若干上昇。少し力強さが無くなってきましたね。

「2010年、VN-Indexが2000ポイント達成する」
3年後を信じて


今週は保険の勉強を進めています。
掛け金の見直しを検討中。今夜も。

2007年10月3日
今日のベトナム株、好調を維持。

ホーチミンはついに1100ポイントを突破しました。

ハノイもやや上昇し345.54ポイント。
上昇44銘柄、下落40銘柄。そろそろ調整の予感。


銘柄 前日終値 取引値 前日比
ILC  72.8   75.8   +4.12%
PAN 104.2  114.6   +9.98%
S99 257.0  249.1   -3.07%
SD5  62.4   68.6   +9.94%
SSI 225.5  230.5   +2.22%

PAN、SD5は上昇トップ5に入りました。

ナム茶もドバイ株用にマック・シャラフ証券へ
口座を開設しましたが、現在未着手。

Faさんではドバイ・サウジアラビア投資ファンドの
募集中です。12月14日募集締め切りです。

その次の投資先に興味があります(まだ内緒)。

2007年10月2日
火曜日なのにすでに疲れが溜まってます。
早く寝ます。

銘柄 前日終値 取引値 前日比
ILC  67.1   72.8   +8.49%
PAN  96.3  104.2    +8.2%
S99 261.5  257.0   -1.72%
SD5  56.8   62.4   +9.86%
SSI 219.7  225.5   +2.64%

2007年10月1日
以前書きましたが、
国の運命と自分の運命は分けなければ
なりません。この国がいかに住みにくくなっても、自分の
身を守る必要があります。

今夜のがっちりマンデースペシャルでは、老後の年金で
住める国として、マレーシアが紹介されていました。
マレーシアはずいぶん前から注目を集めていますね。
物価の安さだけでなく、医療技術が進んでいる点など。

国の運命と自分の運命を分ける前に、必要な事があります。


ナム茶の場合、Step1として
・自分の会社と自分の運命を分けて管理する。

これが必要です。

たとえ明日から外国人社長が来ても、
たとえ敵対的買収を受けても、
たとえ倒産しても、

それでも食っていけるだけの準備をしておきたい。

自分の運命を、、、

Step1:会社の運命と分ける

Step2: の運命と分ける

Step3:地球の運命と分ける


Step3の地球の運命と自分の運命を分けるのは
やり過ぎですが、Step2までは成し遂げたい。

ナム茶の場合、まだ投資の収益が安定しておらず、
いい年は会社収入を超えるのに、2006年みたいに
マイナスなんて年もあります。

まずは、トルコリラで不労所得を考えています。

ベトナム株で、海外へ逃げる資金を作ります。

まだ時間がかかりますが、自分としては具体的な
数字も入れて、目標を立てています。

さて今日のベトナム株。

ベトナム株
ホーチミン インデックス  1084.39
前日比 +37.53 /+3.59%

ハノイ インデックス  334.49
前日比 +24.75 /+7.99%

銘柄 前日 取引値 前日比
ILC  61.7   67.1   +8.75%
PAN  87.9   96.3   +9.56%
S99 239.9  261.5   +9.00%
SD5  51.7   56.8   +9.86%
SSI 201.7  219.7   +8.92%


今日のハノイ銘柄は、無茶苦茶な上げを演じましたね。

トルコFXでのスワップ金利は、およそ1日9000円。
とくかく放置。

2007年9月28日
ひどい目にあいました。

ウイルスバスター2007を入れたところ、
ネットに接続出来なくなり
サイトの更新も出来ませんでした。
どうしよう。

予備PCにデータを移動させて再開。



■ナム茶の気になる記事

少子高齢化の進展で高い経済成長は期待できず

1500兆円に及ぶ日本の家計金融資産。この過半数を保有する60歳以上
のシニア世代が「(退職後の)セカンドライフの資産運用手段として投信を
選ぶケースが増えている」(野村アセットマネジメント・上席エコノミスト
の住田友男氏)という。野村アセットの推計では3月末時点で投信の67%
を60歳以上のシニア世代が保有している。
ポストBRICsとして注目されるVISTA


<民間給与>06年は435万円、9年連続減少…国税庁統計

 民間企業に勤める人が06年の1年間に得た平均給与は434万9000円で、
前年を1万9000円(0.4%)下回り、9年連続で減少したことが国税庁の
「民間給与実態統計調査」で分かった。
中流が下流に流れ、上流はさらに上へ移動。


世界の外為取引、1日3兆ドルに・日本は4位に後退 

世界の外国為替取引規模が今年4月時点で
1日平均3兆2100億ドル(約369兆円)と初めて3兆ドルの大台に乗せたことが
国際決済銀行(BIS)が25日発表した調査で分かった。
3年前の調査時の1兆8800億ドルと比べ約7割増えた。国別シェアで日本は6.0%と
前回の3位から4位に後退し、グローバル金融市場での地位低下が浮き彫りになった。
スワップ金利で暮らせる事を夢見て投資中。 


VN INDEX  1046.86 
前日比 +32.77 /+3.23% 
ベトナム株、強く上昇中。

HASTC INDEX  309.74 
前日比 +14.42 /+4.88% 
ハノイの方は、さらに強い。
ついに300突破です。


銘柄 前日終値 取引値 前日比
ILC  61.6   61.7   +0.16%
PAN  80.6   87.9   +9.06%
S99 238.3  239.9   +0.67%
SD5  47.0   51.7  +10.0%
SSI 184.9  201.7   +9.09%

先週書いたSD5は、やっと今日から。

2007年9月20日
ベトナム株インデックス  963.61
(たまには、でかく書いてみた)
前日比 +17.39 /+1.84%

ハノイ株インデックス  273.60
前日比 -3.03 /-1.1%

久々ハノイは下げました。

ベトナム株サイトには、
◆ベトナム市場は魅力的である
◆市場が回復、投資家は興奮して取引を再開!

などといった記事が出てきました。
年末に向けて上昇を願います。

目指せインデックス1200

銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 223.0   225.0   +0.9%
ILC  65.1   61.8   -5.07%
PAN  67.6   69.3   +2.51%
S99 229.1   243.2  +6.15%
SSI 173.2   172.6  -0.35%

SD5の有償増資の権利取りが間もなく終了です。
・株式割当:1対1.77
・発行株価:1万ドン/株 

購入は、極力端数を出さないためにも、
400株単位がいいかと思います。
来週は動くと思います。

2007年9月19日
ベトナム株
ベトナム株インデックス買いシグナル

9月4日に、買いシグナルが出たと書きました。
その後のらりくらりと上昇中。
まだ支持線の上に株価があり、サポートされています。


ベトナム株インデックスホーチミン
ホーチミン INDEX  946.22
前日比 +11.05 /+1.18%
きてます!


ベトナム株インデックスハノイ
ハノイ INDEX  276.63
前日比 +7.96 /+2.96%
ハノイの方が、上昇スピードが速いようです。


定例株価メモ

銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 222.0   223.0  +0.45%
ILC  61.2   65.1   +6.37%
PAN  65.2   67.6   +3.68%
S99 253.3   229.1  -9.55%
SSI 170.5   173.2  +1.58%

2週間上げ続けたS99が下落中。
ILCも全株一致し、明日はどうだろう。
ただ、全体的に雰囲気良く、市場にストップ高が出始めました。 

2007年9月18日
ほぼ、日替わりでストップ発生。
S99は下がってきました。外国人も売りを出しました。


銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 224.0   222.0  -0.89%
ILC  55.7   61.2   +9.87%
PAN  64.8   65.2   +0.62%
S99 275.7   253.3  -8.12%
SSI 170.3   170.5  +0.12%

SSIサイゴン証券は、いよいよホーチミン証券取引所へ
鞍替え上場するようです。なんだか、全然上がる気がしません。
大丈夫でしょうか。。 

2007年9月17日
友人の披露宴へ行きました。
新婦さんもよく知っている方で、
お二人さん、末永くお幸せに。
涙もろくなったナム茶です。

銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 225.0   224.0  -0.44%
ILC  50.7    55.7  +9.86%
PAN  64.3    64.8  +0.78%
S99 277.9   275.7  -0.79%
SSI 169.6   170.3  +0.41%

2週間上昇していたS99が全株一致して、
今週は下げて始まりました。
ILCが上昇中。そろそろ次の手を考えています。 

2007年9月15日
ベトナム株にも、冗談のように株価が上がる銘柄があります。

その1つがホーチミン市場に上場している
BMC(ビンディン鉱産)です。

2006年12月28日にホーチミン証券取引所へ上場した際、
初値は5万ドンでしたが、どんどん上昇が続き
5月21日にはビックリ84万7,000ドン。

5月24日に1対2の無償増資後もスイッチオンで
更に1.5倍ほどの株価となってます。

ベトナム株情報サイトでは、「空飛ぶ馬」なんて言われています。

その頃ナム茶はSJSを保有しており、SJSの4分割で
頭がいっぱい。
そのSJSも購入から7ヶ月で15倍を超え売却しました。
ありがたや〜

なかなか無い、貴重な体験でした。

2つに共通するのは、
@EPSがとても高い。
A上場時、ノーマーク。


ナム茶はPhu yen鉱山という銘柄に資金の一部を投資しています。
チタン埋蔵量はBMCの2倍、上場が楽しみです。

2007年9月14日
今月も、ポツリポツリと上場銘柄が出ています。

上場銘柄の中には、誰も注目せず、且つ利益成長が
凄いものがある場合があるので(稀にあるので)
しっかりチェックして購入したいですね。

VN INDEX 930.46
前日比 +9.15 /+0.99%
ホーチミンは、930付近で行ったり来たり。
先週比でやや下がりました。

HASTC INDEX 259.48
前日比 +0.32 /+0.12%
ハノイは、若干上昇。調整が続きます。



銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT  223.0    225.0    +0.9%
ILC   46.1     50.7   +9.98%
PAN   64.7     64.3   -0.62%
S99  259.4    277.9   +7.13%
SSI  169.5    169.6   +0.06%

ILCは現金配当(配当15%)と10対15による有償増資
(株価は1万5,000ドン)の権利落ち日であり、株価が
調整されました。調整価格からストップ高でした。

大きな出来高が出るまでは、ベトナム株チャートも
動かないのかもしれません。ただ、大きく下がる要素は見当たらず。

2007年9月13日
続 億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方―入門・海外個人投資
何度か紹介しました。海外個人投資の入門書です。

国を頼らず、会社をあてにせず、独力で豊かな人生を手に入れよう!
タックスヘイブン、オフショア投資、スイス銀行…など、お金に対する
ヨーロッパの知恵と工夫が紹介されています。

そのなかにPTMCという言葉が出てきます。

PTMC(複数通貨及び多重国移住による移動可能な職業)の重要性が語られ、
自由で豊かに生きる方法として、全ての金融リスクから身を守る方法が載っています。

ベトナム株を含む海外への投資は、PTMCへの第一歩と考えます。 

今日のベトナム株

ベトナム株 921.31(ホーチミン)
前日比 +0.12 /+0.01%

ほぼ変わらず。
ナム茶が気にする中長期チャートの上にあるものの、微妙。

ハノイ 259.16
前日比 +0.13 /+0.05%

ハノイ上場の方は、実はインデックスが上がり続けています。
いわゆるソーサー型(ボトム)にそっくりです。

ソーサー型(ボトム)は、底値圏で比較的長い間もみ合うのが特徴で、
その後は出来高も増えて反転上昇します。


銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 223.0   223.0      0%
ILC 100.6   94.3   -6.26%
PAN  65.9   64.7   -1.82%
S99 235.9   259.4  +9.96%
SSI 170.3   169.5  -0.47%

保有銘柄はS99だけ上昇中。 
S99は出来高に対して、買い注文の残りが200倍!あり、
まだストップが続きそうです。
浮動株が極端に少ないので、しょうがない。

EPSが1万ドンを超える銘柄は要注意です。
過去にも半年で15倍以上値上がりしたSJSやBMCなど
このタイプです。

これについては、また後日。 

2007年9月12日
銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 223.0   223.0      0%
ILC 109.6   100.6  -8.21%
PAN 66.0     65.9  -0.15%
S99 214.5   235.9  +9.98%
SSI 168.5   170.3  +1.07%

ピクリとも動かない銘柄と、落ち着き無い銘柄。
今日もSで始まるソンダー関連銘柄に強さが見られました。
出来高の10倍ほどの買い注文が残ったSD3、S99は明日も強そうです。

ベトナム株ハノイ銘柄値上がり率上位


本日、安倍首相が辞任表明しました。そんなの関係ねぇx5 

↓↓↓安倍首相、なつかしの誕生シーン↓↓↓

安倍誕生



ホントは、いい人です。



安倍誕生


小島よしおっぽいテンションの首相誕生を待ちます。



億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方―入門・海外個人投資
という書物に年代別での欲しがるものが載っていました。


10歳以下 飴玉


10代    愛


20代    


30代    お金


40代  地位(名誉)

たしかこんなだったと思います。
確かに家庭を持つ30代では、何かとお金のやりくりが
大変で、将来への不安も増しますので、このような結果かなと。

この本の中で気に入った言葉が

「国家の運命と自分の運命は切り離して管理」
それに向けて、もがいている最中です。

お金のIQという書物に書かれてあったこと
20年前には「これからは英語力が必要だ」と言われ、
10年前には「これからはパソコンの技術が必要だ」と言われ

現在、格差社会の世の中では「お金の勉強が必要だ」と
言われています。

私としては、たぶん10年後には「中国語が必要だ」なんて
なってるかなと思います。10年後日本では働く場所が無さそう。

2007年9月11日
銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 223.0   223.0      0%
ILC 111.2   109.6  -1.44%
PAN  66.5    66.0  -0.75%
S99 195.0   214.5    +10%
SSI 173.3   168.5  -2.77%

今日は1勝3敗1引き分け。
日々株価を確認するのはやめよう。長期長期。

Sで始まるソンダー関連銘柄が大きく上昇してます。ストップ高いっぱい。
買い残と出来高を見比べていますが、明日はストップしなさそう。 


ベトナム株★サンプル現地企業訪問レポート配信中! 

グローバルリンクアドバイザーズでは、
1週間無料&入会金1万円無料キャンペーン中!

2007年9月10日
銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 225.0   223.0  -0.89%
ILC 102.1   111.2  +8.91%
PAN  65.4   66.5  +1.68%
S99 177.3   195.0  +9.98%
SSI 174.0   173.3   -0.4%

すでに高値に上がりきった時価総額が
大きい銘柄は動いてくれません。
中・小型株はまだ動きが活発です。

PANはそれほど上昇していませんが、
先週から不気味な買い残が続いています。

S99は、195,000ドンの上限に張り付き、
出来高3000株、買い残34000株あります。


今日のベトナム株インデックス 927.14
前日比 -6.99 /-0.75%

まだ移動平均線の上にあり、サポートされています。
急落が無ければ上昇傾向が続く模様。 

2007年9月8日
政府がGDP成長予想を上方修正

ベトナム政府は来年のGDP,経済成長率予想をを当初の8.7%から
9.1−9.2%に上方修正した。
国民年間平均所得1,000ドルを目標とし、低所得者層の率が14.75%
(2007年)、11%(2008年)になると予想。
これらの政府が発表した数値はMPI(投資計画省)が予想している
経済成長率8.6-8.9%, 年間平均所得$956-$960を上回るものである。

====================
9%台の数字が出ました、再度ベトナムに熱い熱い視線が集まる可能性大。
先駆者が得る利益は今秋からGetしましょう。はい。 

2007年9月7日
銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 225.0  225.0   0%
ILC 93.0   102.1  +9.78%
PAN 63.2    65.4  +3.48%
S99 161.6  177.3  +9.72%
SSI 165.2  174.0  +5.33%

相変わらずILC、S99は強く上昇。よし!
やっとPANが動いた。時価総額が大きいFPTはビクともせず。 

ベトナム株インデックスは934.13  前日比 +5.77 /+0.62%
移動平均線は上昇中、株価はその上で支えられています。
怖いのは急落。来週はどうよ。

2007年9月6日
銘柄 前日終値 取引値 前日比
FPT 225.0  225.0   0%
ILC  86.7   93.0  +7.27%
PAN  63.7   63.2  -0.78%
S99 148.9  161.6  +8.53%
SSI 163.6  165.2  +0.98%

ILC、S99が強いですが、まだ他は調整中。 

2007年9月5日
S99が2日続けて+10%のストップ高でした。
権利落ち後、調子がいいです。 

2007年9月4日
サイゴン証券から以下のレポートが届きました。
New report from JP Morgan
まだ読んでいませんが、資料を送ってくるわりには情報がイマイチ古いです。

また、ベトナム株情報さんにも
HSBCレポート、「買い時は今だ!」とあります。

〜中略〜
2007年1月末時点で、HSBCの専門家は今年末にVNインデックスが
900ポイントで止まると予想し、現在までその予想を変更していない。
3月のピークから25%下落した後、VNインデックスはHSBCが予想した
レベルで止まっていおり、ベトナム株は再び魅力的になっている。


買いだ売りだと指示が飛び交います。なんだこの市場は。


本日の終値
ホーチミン INDEX  929.85
前日比 +21.48 /+2.36%

ハノイ INDEX  256.14
前日比 +3.59 /+1.42%

長らく低迷していたベトナム株ですが、

久しぶりに買いシグナル出ました。

騙しでなければ、暫くは晴天です。 

FXも始めようかと口座開設してる最中です。

2007年8月12日
ベトナムの自動車販売、7月は85%増

ベトナム自動車メーカー協会(VAMA)によると、
加盟11社の7月の販売台数は前年同月比85%増の4827台だった。

メーカー別ではトヨタが同45%増の1774台、
ビダムコ(GM大宇)が同478%増の613台、
ビナスター(三菱自)が同183%増の487台、
フォードが同26%増の452台、
いすゞが同92%増の452台、
ビスコ(スズキ)が同137%増の284台、
ホンダ270台(比較なし)、
メルセデスベンツが同29%増の211台、
日野が同122%増の111台、
VMC(BMW、マツダ、起亜)が同17%増の77台、
メコン(フィアット、双竜、PMC)が同17%増の57台だった。 


まだまだ伸びしろ十分な、ベトナム自動車販売台数。


ベトナム株なら、時間と共に利益が見込めます。
株価が上がったり下がったりすると一喜一憂してしまいますが、
長期で見れば大きな上昇波であることは間違いありません。

小さい波の上下に惑わされること無く、先を見越した投資を
行っていきたいものです。

日本のサラリーマンでも、日本での生活には苦しいらしく
なんらかのネットビジネス・小遣い稼ぎを行っている人が
たくさんいらっしゃいます。

余程の参入障壁でもない限り、同じビジネスを考える人が増え、
いつまで経っても数年もしないうちに新たなビジネスや
副業を考えないといけなくなり、手間隙の割りに稼げません。

ほったらかしビジネス・副業
ベトナム株で資産を増やしていきましょう。


2007年7月18日
ベトナム株インデックス  994.73 
前日比 -5.6 /-0.56%

放置。

この頃話題の、「ベトナム未公開株ファンド」。

・http://mk.strategicp.jp/http://www.fpgr.co.jp/

4月、ナム茶もこのファンドの存在に気づき、
話題になるまでに3度ほどセミナーを受講。


1つ夢に乗ってみました。
当たれば、人生が多少変わってくるかもしれません。

なにせ、未公開株、しかもベトナム株。
最悪の結果でも、取り返せる程度の投資額です。

2ch


ドバイ株も興味津々、口座開設を進めています。
投資するお金が無いのが悲しいですが、やりくりして
準備したいと思います。

2007年7月15日
この頃よく雨が降ります。

今年になって気づいたのですが、この時期いつも
新しい靴を買っていることに気づきました。
連日雨で濡れて、一気にボロボロになっているようです。
新しい靴は、気分がいい。雨が止むのが楽しみです。

ベトナム株チャート20070713
固定イメージで現在のチャートを掲載しておきます。
こうみると、積極的には動けない気がします。
まだ曇り空・・・、晴れるか雨か。

第2四半期の業績を確認してから、要検討ってことで。


ベトナム上場企業を、動画で見ることが出来たら
とても参考になると思いませんか?
こちらのサイトで社内の雰囲気を掴めます。
ビデオで見る ベトナム上場企業

最近も、よく本を読むように心掛けています。
億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方―入門・海外個人投資
この本でも5年後に飛び立とう、と書かれています。

本当の意味での自由なお金持ちになりたければ、
国家の運命と自分の運命を切り離す必要がある。

この言葉に納得。
複数通貨および多重国移住による移動可能な職業の
説明もあり、出来る所まではやり遂げたい。

ドバイ株のマック・シャラフ証券口座開設の準備を進めています。
あとは郵送するだけで、問題なければ口座開設が完了予定。
ドバイ株でどの程度運用するかはまだ未定。
ベトナム株の利益をドバイ株へ回そうかどうか。
まだ急ぐ必要はなさそうです。
2007年7月14日
 海外に目を向ければ、新しい運用機会も見えてきます。
タックスヘイブンまたはオフショアと呼ばれるものも、その一つです。
軽減地域や資産の国際分散、オフショアファンドの購入、などがキーワード。
場所はイギリス沖のマン島、ジャージー島、カリブ海のケイマン諸島
など、ヨーロッパ大陸やアメリカ大陸から離れたところにあります。

多くのオフショア銀行は、有名大手銀行がオフショアに設立した、
独立法人としての銀行です。口座の詳細や連絡先などを一切明らかに
しないという秘密保持にあります。

@日本で株式やFX(為替)やビジネスや不動産投資などである程度増やす
Aオフショアで日本の運命と自分の運命を分けて管理&運用
Bプライベートバンクで保全と継承を目的とした長期的な資産活動

というイメージです。

何事も「もっと知りたい」と望むかどうか次第だと思います。
「株は危険」と壁を作り、それ以上知ろうとしなければ、外貨もなにも
興味関心が出ません。養老孟司氏の言うバカの壁状態ですね。
バカだから壁が多いという意味ではありません(笑)

話しは変わりますが、円はユーロに対し最安値更新中です。
昨日も99年のユーロ発足以来の最安値を更新、だそうです。
もし常に「通貨統一で価値が上がる」なら、ペルシャ湾岸単一
通貨導入が予定されるドバイに投資したいと思い、ドバイ株投資本を
読んでいるところです。いつか住みたい未来都市。 





2007年7月1日
6月末のベトナム株は、
ホーチミン INDEX  1024.68 
ハノイ   INDEX  284.7

ハノイはジリジリ下がりっぱなしです。
ホーチミンも全体的に見ると、だらだら感いっぱい。

夏場はだらだらが続きそうなので、
経済の本を読もうかと思ってます。
あとは、ベトナム以外の市場にも興味を広げる予定。

不動産やらビジネスなどへも興味を無くさず、
モチベーションを下げないようにしなければ!

やることいっぱい。


202x年12月某日(?)

                                                       
202x年、手持ちのベトナム銘柄を売ったことで

3億円を手に入れた。

資産が成熟していく贅沢な寄り道により、

名も無き社会人が、束縛の無い自由を手に入れた!

ベトナム株投資で愉快リゾート生活

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目が覚めた、夢だった   、のか?

念じればいつか夢叶う(^^ゞ



資産が熟成する贅沢な寄り道、ベトナム投資
おすすめ
モチベーションを維持するための本


ベトナム株,口座開設,ベト株,ベトナムファンド,ベトナビ,愉快,リゾート